未分類

便利屋は儲かる?儲かる仕組みや便利屋のメリット・デメリットを解説!

クリリン
クリリン
やり方次第で年収1000万も可能なんだ 

ただし、便利屋で儲けるにはノウハウが必要です。どのようにすれば儲かるのかを戦略化しなければ食べていくのも難しい世界です

この記事では便利屋が儲かる仕組みやメリット・デメリットについて解説します。便利屋で儲かるには仕組みを知ることです。

これから便利屋を始めようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

便利屋の仕組みを簡単に解説

便利屋の仕組みを簡単に解説

便利屋は困っている方のご自宅にお伺いし、お悩みを解決するお仕事です。

1人で自宅で開業できるので他のビジネスに比べても比較的に始めやすいですよね。いつでも頼れるお兄さん、おじさんになることができれば安定してお仕事をいただくことができます。

便利屋は儲かるの?

便利屋は儲かるの?
クリリン
クリリン
やり方次第では儲かるんだ 

電球交換から始まり、ちょっとした家具移動やお庭の草むしりなどを行う便利屋ですが、これらの作業を経て信用を得られれば

  • お家のリフォームをしてほしい
  • 家を解体してほしい
  • 土地を売りたい
  • 遺品整理をしてほしい

などの大型案件をいただくことができます。お困りごとを解決するというシンプルなビジネスモデルですが、自分を好きになってもらえれば個人でも始めやすい商売です。

お家のお困りごとがあったとき、まったく知らない業者にやってもらうよりもすでに信用している方にやってほしいという方がほとんどだと思います。そのように「この人に頼めば安心」と、お客様との信頼が築けていれば大型案件でしっかり儲けることも可能です。

便利屋が儲かる理由3選

便利屋が儲かる理由3選

便利屋は粗利率80%前後と他業種に比べて儲けを出しやすいビジネスモデルです。

  • ランニングコストが少額
  • 不況の影響を受けづらい
  • 仕入れコストがかからない

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

ランニングコストが少額

クリリン
クリリン
毎月の支払いが少ないのはうれしいね

便利屋は自宅で開業できて一人で運営できるので固定費が比較的安く始めることができます。店舗型ビジネスにはマネできない魅力ですよね。

毎月のコストが安く、粗利益も出やすいので儲かりやすいビジネスと言えます。

不況の影響を受けずらい

クリリン
クリリン
コロナ禍でも右肩上がり!

便利屋はコロナや不況に影響を受けずらい職業です。逆に家にいる時間が増えるので、ちょっとしたお困りごとに気づきやすくなって依頼が増える傾向にあります。

飲食店や店舗ビジネスに比べると安定して稼ぐことができるビジネスです。

仕入れコストがかからない

クリリン
クリリン
ストックが何もいらないんだ

物販ビジネスや買取ビジネスとは違い、便利屋は特に仕入れるものがないので出ていくお金が少なく済みます。自分の技量で食べていけるので無駄な費用をかけずに稼ぐことができますね。

便利屋を始めるメリット

便利屋を始めるメリット

便利屋をはじめるにあたってメリットが3つあります。

  • 店舗ビジネスより固定費が低い
  • 1人開業できる
  • 自宅で開業できる

店舗ビジネスより固定費が低い

クリリン
クリリン
固定費0でも始められるんだ

物件取得費や家賃が掛からないので極端な話、固定費0でも運営していけます。

利益は売上から経費を引いた額なので、経費が掛からない便利屋は儲かります。

車はレンタカーを使ったり、電話はスマホを使うなどの工夫をすれば最低限の経費で抑ええることができるのも便利屋の魅力の一つです。

1人開業できる

クリリン
クリリン
誰も雇わずに気軽に運営できるんだ

1人でできる作業がほとんどのため、便利屋は自分一人で運営していく事ができます。人手が必要なときだけ登録制のアルバイトを雇用したり、専門的技術が必要なときは職人の手配をするだけで運営していけます。

毎月馬鹿にならない人件費も自分一人だと1円もかからないのも儲かる秘訣です。

自宅で開業できる

クリリン
クリリン
家で始められるのは嬉しいねい

先ほども記載しましたが便利屋は店舗が不要です。

今住んでいるハイツやマンションから開業して経営できます。

都心部だと数坪の物件でも数十万円かかるのに対し、今の自宅で開業できるのは経済的ですよね。

便利屋を始めるデメリット

便利屋を始めるデメリット
クリリン
クリリン
メリットの逆がデメリットなんだ

便利屋始めるにはデメリットもあります。

  • 参入障壁が低い
  • 店舗がないので周知しづらい
  • 1人なので大儲けしずらい

参入障壁が低い

便利屋は一人で開業できて家で運営できるので誰でもすぐに始めることができます。そのため、初めはうまくいっても同エリアにライバルが出現すればたちまち価格競争になってしまう事もあるのです。

ただし、参入障壁がひくいためか個人で始めた便利屋さんの約90%が1年以内に消えるので1年以上続けることができれば安定期に入ったと考えてもいいでしょう。

店舗がないので周知しづらい

コンビニやガソリンスタンドのように店舗があれば道を通るだけで「こんなところにお店ができたのか」となりますが、便利屋の場合は無店舗運営なのでなかなか周知しづらい業界になります。

ホームページやチラシ、近隣へのご挨拶などをしなければ誰にも気づいてもらえずお客さんが一人も来ないまま廃業なんでパターンもあり得てしまいます。

店舗ビジネスとは違い、しっかりと周知させていく事が大切になります。

1人なので大儲けしづらい

便利屋で食べていく事は頑張ればできますが、数億円を儲けたいと思っても達成できるのは1万業者に1社くらいでしょう。さらに1人で運営しているのであれば大儲けは不可能です。

1人で運営していても外注を使う事で月収300万円ほどなら達成できない数字ではありませんが、IT企業のように爆発的に売り上げを伸ばすにはあまり向いていません。

メリットを生かせば儲かるビジネスです!

メリットを生かせば儲かるビジネスです!

ランニングコストが低く、リスクも少ないので外注を使ったり登録スタッフを使ったりすると便利屋さんは儲かる職業です。月100万円くらいならほかの便利屋の5倍頑張れば達成できるでしょう

上記メリットを十分生かして便利屋で一旗あげましょう!